もちづき歯科医院ブログBLOG

2014.05.17更新

みなさん こんにちは。
見沼区春岡 もちづき歯科 歯科医師の後藤です。

2014年5月11日(日)の西日本新聞に、気になる記事が掲載されていました。

「歯1本失った人、消化器がん死の確率6%高く」

 健康な歯を失えば失うほど、胃がんや大腸がんで死亡する確率が高まり
かねない―。九州歯科大(北九州市小倉北区)の調査で、こんな結果が
出た。失った歯が4本以下の人より5本以上ある人の方が、消化器系の
がんで死亡する確率は約2~3倍に上がる傾向などがみられるという。


(中略)

 飲酒や喫煙の有無など医学統計上の誤差も加味した結果、虫歯や歯周病で
歯を1本失った人は、全部そろっていた人に比べ、胃がんや大腸がんなど
消化器系がんで死亡する確率が6%高いと判明。
比較的母数は少なかったが、失った歯が5~9本の人は0~4本の人に
比べ、消化器系がんで死亡する確率は2.2倍、同じく10本以上の人は
3.2倍だった。一方、脳卒中や心臓疾患で死亡した人は、
健康な歯の数とのこうした"因果関係"はみられなかったという。


 消化器系がんによる死亡は、がんで亡くなる人の6割を占める。
調査チームを率いた同大の安細(あんさい)敏弘教授(予防歯科)は
「歯を失うと、入れ歯やインプラントをしてもそしゃく力が落ち、
栄養の摂取状態が悪くなることもあり得る」と分析。
「日ごろの手入れと、歯科での定期チェックを怠らないで」と呼び掛ける。


歯を失ういちばんの原因は歯周病です。
歯周病は、ほとんどの成人が罹患している細菌感染症であり、
生活習慣病でもあります。

毎日のブラッシング歯科医院での歯石・バイオフィルムの除去
これが歯周病対策の第一歩です。

みなさん、勿論、毎日歯を磨かれていると思います。
毎日の歯磨きでは落としきれない汚れを取り除くために、
定期的に歯科医院でのクリーニングを受けることが、
ご自分の歯を守るために大切なことです。


投稿者: 医療法人社団瑛清会もちづき歯科医院

  • キッズクラブ
  • もちづき歯科公式ブログ
  • スタッフ募集中!求人の詳細情報はこちら>
  • 小児歯科サイト
  • 矯正歯科サイト
  • 歯医者View
  • 歯の教科書
  • 歯医者の選び方

「子どもを安心して歯医者に通わせたい」「痛みの少ない治療を受けたい」「いつまでも健康な歯を残したい」など
そんなお口のお悩みはありませんか? もちづき歯科医院はそんなあなたのお悩みを解決します。
歯の健康に関する疑問・不安・治療案内に関するお悩みは もちづき歯科医院までお気軽にご相談下さい。

  • 048-687-6480
  • MAIL

9:30~13:00/14:30~19:00(土曜は~18:00)
休診日:木・日・祝